Search Consoleから自動データ取得:スプレッドシートアドオン[Search Analytics]

WEB分析の中でも検索キーワード分析は「ほーこんな単語を調べてうちに辿り着いたか」というインサイトが得られて楽しい作業。
細かいワードごとの流入状況を確認するにはGoogle AnalyticsだけでなくGoogle Search Consoleを併用するけど、検索アナリティクスは3ヶ月程度しかデータを保存せず、UIとしてGAほど優れてもいないので、なんだか使いづらいなぁと思うことも多い。

海外サイトを漁っていたところ、スプレッドシートに自動かつ定期でSearch Consoleデータを取得できるアドオンを見つけて、日本語で紹介してるサイトも見つからなかったので以下メモ。ノープログラミングで実現できる。

概要

Search Analyticsの利用手順の説明画像
「Search Analytics」はGoogleスプレッドシートの無料アドオンで、手動もしくは自動でSearch Consoleの検索アナリティクスからデータを取り込める。

コンソール管理画面と同じく、キーワード、ランディングページ、表示回数、クリック数、CTR、平均検索順位、デバイスなど各種属性を選択して取得可能。

導入

※前提として既にキーワード分析したいサイトのSearch Console登録は済んでいるものとする。

  1. スプレッドシートの上部メニューから「アドオン」を選択
  2. プルダウンから「アドオン取得」選択
  3. 検索バーで「search analytics」と入力して検索
  4. 「Search analytics for sheets」の「無料」ボタンからダウンロード
  5. 別ウインドウでSearch analyticsからリクエストを聞かれるので「許可」
  6. スプレッドシートの上部メニュー「アドオン」に「Search analytics for sheets」が追加されて完了

使い方(1) 手動でデータを取得してみる (Search Consoleからスプレッドシートへ)

  1. シート上部メニュー「アドオン」の「Search analytics for sheets」から「open side bar」選択
  2. シート右側にウインドウが開くのでひとまず「Requests」タブのままでOK
  3. 「Verified Site:」で検索データを取得したいサイトを選択
  4. 「Group By:」で取得したいデータ要素を選択(とりあえず全部選べばいいと思う)
  5. 「Results Sheet:」で取得データを出力するシートを選択or新規作成
  6. 「Request Data」でAPI実行

Search Analyticsの利用手順説明画像

こんなデータが出力される。

Search analyticsの出力データの画像

そのままSearch Consoleからスプレッドシートにデータが出力された感じで違和感はない。
これで並び替えやら絞り込みやら、週次や月次レポートへのグルーピングやら、Excelスキル次第で自由自在に編集できる。

使い方(2) 自動的に毎月マクロを回す

(1)では手動でデータを出力したが、毎月3日に自動でデータを取得する設定も可能(というかこっちが本題)。
再びスプレッドシート右側のSearch Analyticsウインドウの上部から「Backups」タブを選択する。
※設定項目は先ほどの「Requests」タブとほぼ同じなので、特有の設定項目のみ説明。

  • 「Email me backup status」にチェックを入れると、Googleアカウントのメールアドレスにバックアップが成功したかどうかのメールが送信される。
  • 「 Run a backup cycle right away」にチェックを入れると、設定した条件ですぐさまAPIが実行されるので、設定が正しいかどうか確認するのに使える。実行と同時にバックアップ設定は保存されるので、次月の3日になれば自動でAPIも回ってくれて痒いところに手の届く感じ好き。

※毎日自動でAPIを叩く機能は開発中とのことなので、そちらも楽しみ。

Posted at

[data-hatena-bookmark-layout="standard-noballoon" data-hatena-bookmark-lang="ja" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"] img [src="https://b.st-hatena.com/images/entry-button/button-only@2x.png" alt="このエントリーをはてなブックマークに追加" width="20" height="20" style="border: none;"]