私の平成の30冊を選ぶ。令和も素敵な本に出会えますように。

日本では平成から令和に切り替わり、様々な平成のランキングがトレンドだ。
ドイツに住んでいるとその影響を感じることは少ないのだけど、Twitterで #私の平成の30冊 というハッシュタグを見つけ、興味を惹かれて僕も考えてみた。

ついては人生観とか読書体験に大きな影響を与えてくれた本を30冊を挙げてみた。

自分のルール
– 平成に刊行された本を対象にしているが、新約や新装丁などは含めない
– 漫画や写真集などは対象外
– シリーズ物は一冊としてカウントする

1989 ~ 1989

  1. ムーン・パレス | ポール・オースター(著)、柴田元幸(訳) | 1989

1990 ~ 1999

  1. ちぐはぐな身体 | 鷲田清一 | 1995
  2. ハリー・ポッター | J.K.ローリング(著)、松岡佑子(訳) | 1997~
  3. あなたの人生の物語 | テッド・チャン(著)、‎公手成幸(訳)、浅倉久志(訳)、古沢嘉通(訳)、嶋田洋一(訳) | 1998

2000 ~ 2009

  1. キノの旅 | 時雨沢恵一 | 2000~
  2. 航路 | コニー・ウィリス(著)、大森望(訳) | 2001
  3. 嘘つきアーニャの真っ赤な真実 | 米原万里 | 2001
  4. レヴォリューション No.3 | 金城一紀 | 2001
  5. ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ | 滝本竜彦 | 2001
  6. ニッポニアニッポン | 阿部和重 | 2001
  7. 天使 | 佐藤亜紀 | 2002
  8. マネー・ボール | マイケル・ルイス(著)、中山宥(訳) | 2003
  9. 太陽の塔 | 森見登美彦 | 2003
  10. 垂直の記憶 | 山野井泰史 | 2004
  11. 苔のむすまで | 杉本博司 | 2005
  12. 走ることについて語るときに僕の語ること | 村上春樹 | 2007
  13. のはなし | 伊集院光 | 2007~
  14. ネルーダ事件 | ロベルト・アンプエロ(著)、宮崎真紀(訳) | 2008
  15. 物語 フランス革命 | 安達正勝 | 2008
  16. 1Q84 | 村上春樹 | 2009
  17. 犯罪 | フェルディナント・フォン・シーラッハ(著)、酒寄進一(訳) | 2009

2010 ~ 2019

  1. HHhH (プラハ、1942年) | ローラン・ビネ(著)、高橋啓(訳) | 2010
  2. 繁栄 | マット・リドレー(著)、柴田裕之(訳)、大田直子(訳)、鍛原多惠子(訳) | 2010
  3. ことばと思考 | 今井むつみ | 2010
  4. きみを夢みて | スティーブ・エリクソン(著)、越川芳明(訳) | 2012
  5. あの素晴らしき七年 | エトガル・ケレット(著)、秋元孝文(訳) | 2013
  6. ハリー・オーガスト、15回目の人生 | クレア・ノース(著)、雨海弘美(訳) | 2014
  7. 10:04 | ベン・ラーナー(著)、木原善彦(訳) | 2014
  8. 増補 日本語が亡びるとき: 英語の世紀の中で | 水村美苗 | 2015
  9. ラスト・ウェイ・アウト | フェデリコ・アシャット(著)、村岡直子(訳) | 2016

単なる読書遍歴を超えて、文学理解度の成熟も垣間見えるのが面白い。
特に2010年代は同時代的な本に可能な限り手を伸ばし、結果として(全てを理解しているとは言い難いのだが)今後何度も読み返していくであろう名著に出会えた。

ほかに考えていた候補としては、小説だと「開かせていただき光栄です」「スプートニクの恋人」「血と暴力の国」。
また写真関係のエッセイも本当は入れたくて、「不完全なレンズで – 回想と肖像」「メモワール 写真家・古屋誠一との二〇年」は今でも頭に残っている本。

人文系では「サピエンス全史」も迷ったし、ジャンル分けが迷うが「短歌の友人」も印象深い。

どれもこれも不可逆的に自らを形作ってしまったものばかりで、30年というのは本当に長い時間なんだと実感する。

令和も素敵な本に出会えますように。

Written by Ryo Konishi