BellroyのコーラルなiPhoneレザーケースを買った。

Bellroy iPhone Xs case

iPhone11が発売した今更ながら、iPhoneXs用のBellroy(ベルロイ)のケース買いました。あまり日本語の記事も見当たらなかったので以下レビュー。

色合い

Instagramで見つけたCoral(コーラル)カラーに一目惚れ。Bellroyというメーカーは知らなかったけどすぐに買ってしまった。

Bellroy iPhone Xs case

ピンクにオレンジが入ったような色合いの絶妙なニュアンス。ビビッドなカラーではないので男性でも問題ないでしょ。
iPhone Xrのコーラルオレンジのあの感じに少し似てるし、先日発表されたGoogle Pixel 4でも”Oh So Orange”カラーがラインナップされてたり、2019~2020年はコーラルカラーの波が来ている気がする。

質感

裏面はレザーで側面はポリマーの複合素材。つなぎ目はとても綺麗。
財布やバッグを作ってるメーカーだけあってレザーも高品質。なめし加工云々とか細かいことはわからんけども3ヶ月使ってもこの質感は飽きない。

最近少し汚れてきたけど味があってそれもまた良し。
Bellroy iPhone Xs case

あとはiPhone側面の電源・音量ボタンやLightning端子、スピーカー部分が個別にくり抜かれてるのも地味にポイント高い。他のレザーケースは加工工程の関係か、下側が広くくり抜かれてるものも多く、個人的にあの見た目はあまり好きではないので大事なところ。

iPhone Xs Bellroy case side

普段は見えない裏地は定番のマイクロファイバー。おかげで今のところ傷もない。

Bellroy iPhone Xs case microfiber

重さ

実測タイム。ウルトラライトなハイカーを自称している僕は何でも重さを測ってしまう。この瞬間が毎回好き。

Bellroy iPhone Xs case weight
実測結果は24g。重すぎないが決して軽くもない。iPhone Xsとトータルで209g。

薄さとフィット感

公式サイトの画像だとケースが厚めに見えるけど、実際に装着してみるとむしろ薄く感じる。ポリマーとレザーが繋がる部分に丸みがあるのでそう見えるだけで、手に持った時に大きく感じることはないかな。どうでもいいけど公式サイトで「スパースリム」という日本語が気になってしまう。

ケースのエッジが、iPhoneのカメラや前面ガラスよりちゃんと盛り上がっているので、机に雑に置いた時にも傷ついたりしなくていいね。

Bellroy iPhone Xs case edge

1つ残念だったところ

オフィシャルサイトでは「iPhone XS用ケース」となっているにも関わらず、装着してみるとカメラ穴が若干ずれている。 iPhone X用に作ってるケースを商品名だけ変えて使いまわしてるのがわかってしまう残念な瞬間。

Bellroy iPhone Xs case camera hole

まとめ

エレガントさとキュートさの絶妙なバランスがすごくいいので他とは違うレザーケースを探してる人にぜひおすすめ。

AmazonではiPhone Xs用になっているけど、上述の通りXsでも使いまわしてるので問題なし。

iPhone 11 用もあった。

追伸: Bellroyがめっちゃ気に入ったので結局バッグも買ってしまった。

Bellroyのその他のiPhoneケース

Bellroyでむしろ人気なのは「Phone Case – 3 Card」というカード類を収納できるケースのほうかもしれない。Apple Payでクレカ機能はカバーできるし自分はパスかな。

Written by Ryo Konishi