On(オン)のジョギングシューズをクラウドからクラウドフライヤーに乗り替えた。

ドイツの冬は暗いし寒いし、かといって近くに歩けるような山もないし、運動しなきゃなぁと思い、OnのジョギングシューズCloudflyerを買った。今まで履いていたのが同じくOnのCloudで、ボロくなってきたけど新作に好みの色がないからCoudflyerにしようかくらいの気持ちで試し履きしたら、かなり履き心地が違った。いい意味で。

初代Cloudだけを履いてた当時はこんなものかと思っていたけど、クッションが少し柔らか過ぎるというか、着地した後に踵が左右にブレる感じがあった。Cloudflyerは安定感があって地面からの衝撃も若干マイル。ソールのクッション性と安定感のバランスが改善されてる。

DSC07817

このソールに穴の空いたクッションが絶妙な低反発具合。あと穴が小さくなったので、砂利が挟まることがなくなった。

DSC07803

これまた汚れやすそうな色を買ってしまった。そして相変わらず軽い。メッシュ生地なので雨は潔く諦めることにする。

DSC07820

onのロゴがすき。スイス国旗のワンポイント。結局はこの見た目な気がする。

DSC07806

クタクタになったONの初代Cloud。普通のスニーカーとしてもいけるデザインに惹かれて購入。

DSC07871

Onは一度リリースしたプロダクトについて頻繁にアップデートを行わないみたいだけど、ベーシックモデルのCloudも地味にバージョンアップして、今のソールは低反発方向にチューニングされているらしい。

DSC07796

それにしてもOnのシューズは高い。ドイツで170EURくらい。泥道を走るのも気を遣ってしまう。

さて今年も夏のトレランに向けて走りこまねば。