SONOS Beamはむしろアプリこそ素晴らしい。半年利用レビュー&写真。

SONOS Beamというスピーカーを買って半年経ちました。

テレビのスピーカーからのステップアップ。

映画のサウンドもリッチになったし、iPhoneやMacからAirplayで音楽も飛ばせる。

AppleのHomepodも面白いと思ったけど、テレビにつないでスピーカーとしては使えない。結果的にSonosはうまく生活にフィットしてしてくれていて、今更ながら記事を書いてみる。

DSC07845

ハードウェアだけどアプリの質がいい。

SONOS Beamの一番の価値は何かと言われると、音質や外観よりもまず、ソフトウェアの質を僕は一番に挙げる。

専用iOSアプリでは機器や音量の設定ができる他、意外と完成度の高いプレイリスト作成機能がある。Apple Music, SoundCloud YouTube Musicからお気に入りの音楽をひとまとめにした再生リストが作れて、これがすこぶる使いやすい。

IMG 7117のコピー-1

SONOSのアプリ上で検索、ブラウジング、プレイリスト作成、再生までができて、全然ストレスがない。各アプリを横断して曲を検索できるので、Apple Musicや Youtubeでそれぞれ曲を探さなくていいのも楽で嬉しい。

アプリ自体のデザイン性は高いわけではないんだけど、質実剛健といった感じでバグもなく安定している。iOSのサードパーティ製の音楽アプリって動作的に不安定なものも多い印象だったけど、SONOSは安定してて良き。

SONOS Beamを買う前に他のレビューを読んでいると、SONOS製品群のエコシステムに取り込まれることで「体験の良さ」を推している人が多く、買った今ではなるほどこういうことかと納得。

実際、音質だけならBoseの同価格帯のサウンドバーの方が好みだったりもしたのだけど、地味な点とはいえ、ひどい自社製アプリを使わせられるハードも多い中で、一番触れることになるアプリの完成度はとても大事だと思う。

ちなみにAlexaも使えるのだけど僕はノータッチ。

音質は?

賃貸だとあまり音量を上げられなくて、ポテンシャルを発揮できていないという前提だけど、いろんな人が言ってる通り、音は悪くないし特別よくもないなと思う。サウンドバーなのでサラウンド感はあまり感じられないけど、映画・音楽鑑賞、TVゲームなど僕の用途としては必要十分。

また、TV接続している時には、ナイトサウンドとスピーチエンハンスという機能が使える。

IMG 7118のコピー-1

ナイトサウンドをONにすると夜に家族や隣人に迷惑をかけないよう、低音量でも聞こえづらい音を強調し、逆に大きな音を小さく調整してくれる。

スピーチエンハンスモードでは人の声がクリアになる。効果音/BGMが大きいシーンでのセリフやささやき声が聞き取りやすくなる。

いずれも賃貸では非常に重宝する機能で、iPhoneアプリのメイン画面で簡単にON/OFFできる導線設計も素敵。

全体的な音質の競合製品との比較でいうと、家電店で試した限りでは、BoseのSolo 5とSoundbar500の間くらいかな。

マイナス点

セットアップは正直なところめんどくさい。

Beamの接続自体は簡単で、電源に繋いだ後、TVにHDMIケーブルを接続するだけなのだけど、部屋に合わせて適切な音の響かせ方をしてくれる(お節介な)機能のために、スマホにアプリを入れて自分で部屋を歩きまわり、部屋の形や大きさを認識させないといけない。

GIZMODOの動画がわかりやすい。僕もこんな感じで1回失敗して「んだよっ!」て悪態をついた。

このストレスは最初だけなんだけど、本当は箱開けてすぐ使えるといいよね。

おわりに

DSC07859

概ね満足しているSONOS Beam。どの音楽にも大抵マッチするバランスだと思うし、たまに音量をぎりぎりまで上げると「やっぱりいい音するな」とも思ったりする。

思いたった時に音楽やYoutubeをパッとスピーカーから流せる便利さは、リモートワークが続くここ最近の日々で大きな助けになっている。

音質を追求する人の選択肢にはあがりにくいかもしれないけど、ウーファーを買い足したり、スピーカーを追加して5.1サラウンドを作ったりできる拡張性もあるので、興味のある人はまずSonos Oneから買ってみるのもアリだと思います。