ドイツ・デュッセルドルフのオーバーカッセルはこんな場所。引越しを機に街を紹介してみる。

ドイツに移り住んでもうすぐ丸4年。昨年転職をしてホームオフィスになり、作業スペースが欲しいなと思い、引っ越しをした。新しい部屋に入居したのは2020年の年末ぎりぎり。結局引っ越し先も同じデュッセルドルフという街の中。なんとか引っ越しが完了してほっとしている。

以前住んでいたのはデュッセルドルフのオーバーカッセル(Oberkassel)という地域。

DSC08207

今後デュッセルドルフでどのエリアに住もうか考える人のために、一人暮らし日本人男性という前提で、オーバーカッセルの良いところとちょっと微妙だなと思ったところを書いておく。

住んでいるところ

僕が住んでいたのはこのあたり。

Screenshot-2021-01-11-at-21.26.16

この地域を、オーバーカッセルとよぶのか、ニーダーカッセル(オーバーカッセルの隣)とよぶのか、いまだによくわかっていない。

Hbf(中央駅)があるエリア中心地からライン川を挟んで対岸にあたる。直線距離では3〜4kmほど。

オーバーカッセルの良いところ

治安がいい

DSC08688

DSC08694

デュッセルドルフの中でも比較的家賃が高いエリアなのと、中心市街から川を挟んでいるのもあって、静かで治安がいい。

浮浪者や不良や薬○やってるだろって人がほぼいなくて、代わりに家族や老人が多く、子供連れでも安心して住めると思う。

ReweやNettoなどのスーパーでも、市内の別店舗の買い物客より、ちょい高そうな服着てる。気がする。ただの妄想。

DSC08225

美味しいお店が意外と多い。

IMG 0350

市街のほうから橋を渡ってしばらくいくと、ベルゼンプラッツ(Belsenplatz)というちょっとした交差点があり、ここで地下鉄が分岐することもあり、周辺にはレストランやカフェも多い。

ここでオーバーカッセル周辺のおすすめレストランを何点か。

Alter Bahnhof Oberkassel

Belsenpl. 2, 40545 Düsseldorf

http://www.brauhaus-alterbahnhof.de/

ドイツ料理。ミュンヘン出身のドイツ人の友達に聞くと、ストレートな伝統料理ではなく、北か南ドイツのアレンジを加えたドイツ料理らしい。なぜか事前予約はできないけど、席はたくさんあるので入れなかったことはない。夏は野外のテーブル席がいい気持ちでおすすめ。


Gelateria La Romana

Barmer Str. 35, 40545 Düsseldorf

http://www.gelateriaromana.com/de/49-eisdielen-dusseldorf.php

ジェラート屋さん。ここのブリオッシュ(パンにジェラートや生クリームを盛ったお菓子)が泣くほど美味しい。ケーキもハズレがなくて全てテイクアウトできる。夏も冬も開いている。


Die Röstmeister

Quirinstraße 1A, 40545 Düsseldorf

http://www.roestmeister.com/

本格派カフェ。夏限定だけどアイスカフェラテがお気に入り。wifiが使えて軽い作業ならできる。


Ristorante La Casetta

Alt-Niederkassel 105, 40547 Düsseldorf

https://www.lacasetta-romano.de/

ベルゼンプラッツから少し歩くけど、こじんまりしたいい雰囲気のイタリアンレストラン。ロックダウンが一瞬空けた秋くらいに行って、店員さんもフレンドリーでパスタも美味しかった。Theodor-Heuss橋のふもとのこのあたりは住宅街なんだけど、隠れ家的なお洒落なレストランがいくつもある。

川が近くて散歩にいい。

DSC08395

この時期に、あまり人とすれ違わずに川沿いでジョギングできるのも助かるポイント。

いつか教科書で覚えたライン川の近くに自分が住むとは思ってもいなかったな。

日本食材も手に入る

日本食が食べたくなったらWayoというスーパーマーケットがある。ちょっと高いけど、中央駅付近のアジアスーパーまで行かなくていいので楽なんだよね。

あとオーバーカッセルから少し北にはNikolaouというギリシャ&日本食という謎の組み合わせのスーパーがある。店は倉庫みたいになっていて、奥のエリアでは鮮度の良い魚も買えるので重宝している。

旧市街&中央駅へのアクセスもいい

DSC08726

旧市街のHeinrich-Heine-Alleeまで2〜3駅。

Hbf(中央駅)までは地下鉄(U-bahn)で5駅。ドアtoドアで20分なのであまりストレスはなかったな。地下鉄も複数ライン(U74,75,76,77)走っているし、川を挟んでいるとはいえ、アクセスは良い方だと思う。

DSC08760

あとはオーバーカッセルのメイン通りのLuegalleeには、何故か眼鏡屋がやたら多かったり、花屋やパン屋、スーパーマーケットも充実していたり、市内まで行かなくてもこの辺で用事が済むことが多い。

オーバーカッセルの微妙なところ

DSC08213

いろいろ考えてみたけど、あんまりない。

ただ日本人幼稚園があって日本人家族が多く住んでいるのを嫌がる人は多いかもしれない。

まぁHuaweiのオフィスなどもあって中国人も多いけど。

あと安い物件が少ない。駐在さんが多いので基本的に高価格。僕はラッキーで、単身者用の35平米の部屋が運良く見つかりそこに住んでいた。家賃は月575ユーロ(暖房費込み)で、デュッセルドルフはここ3年で家賃が高騰したため、いまではだいぶ手頃な物件になってしまった。

DSC08068

もう少し北のHeerdtまで行くと手頃な物件が多くあるんだけど、もうそこはデュッセルドルフの北の端なので、街までのアクセスがあまり良くないが惜しいところ。

あ、そうそう、デュッセルドルフといえば日本食レストラン。オーバーカッセル付近にも数件存在するのだけど、正直、味は微妙なところが多い。

どうしても食べたかったら自炊するか、素直に街まで出て他を探すことをおすすめする。

次に引っ越すところ

2021年1月からは、Pempelfortというエリアに住んでいる。

実は近いうちに今のパートナーとベルリンかハンブルクに引っ越そうかと検討中で、そのため最低契約期間がない物件から優先的に選んだ。

部屋の平米的にはほぼ倍。何故かアパートの掃除タイムが持ち回りであるのが不安の種だけど。

コロナの状況次第でいつまでここに住むか不透明だけど、とにかく残りのデュッセルドルフ時間を楽しもうと思う。

ちなみにデュッセルドルフで安く住みたいならベンラート(Benrath)という南のエリアもおすすめ。鉄道(S-bahn)で中央駅まで15分ほどだし、知人の家族も引っ越しを検討している。

美味しいレストランも増えてきていて、最近知ったBistro KOMBUという日本食レストランは、デュッセルドルフで一番美味しい唐揚げが食べられる。いつもテイクアウト待ちのドイツ人がたくさんいてこのロックダウン下でも人気店。

今回の写真は、

で撮りました。