陽が傾くころのロンドン王立植物園キューガーデンに行ってきた。

ロンドンにある植物園キューガーデン(Kew Garden)に行ってきました。

ユネスコの世界遺産にもなっており、世界最大かつ最も多様性に富んだ植物園。

DSC01220

1759に設立され、八重桜などが植樹された日本庭園などもある。

実は訪れたのは2018年の11月なのだけど、Lightroomを見返してみて今更ながら記事を書きたくなった。

アクセス

キューガーデンはロンドン南西部に位置していて、中心部から電車で30 ~ 40分の距離にある。

庭園のどの入り口から入るかによって最寄駅が変わってくるが、僕はピカデリー線のSouth Ealing駅からバスに乗った。

ロンドンの公共交通機関は無線通信機能つきのクレジットカードをPASMO感覚で使えるのが大変助かる。チャージしなくていい分むしろPASMOより楽だ。

DSC00953
↑South Ealing駅のカフェ。カフェラテが美味しかった。

入場

秋以降の閉館時間は早く、15 ~ 16時ごろ閉まってしまう。僕は11月の15:00ごろ着いたけど、夕焼けが温室内にいい感じに挿していた。

DSC00969

大人チケットは£12.50から。

パームハウス

キューガーデンのメインの温室の一つ、パームハウス。世界で初めての大規模な錬鉄(wrought iron)製の建物らしい。威厳と優雅さが感じられて好きな外観。

DSC01257

↑パームハウスなどの一部建物のみさらに閉館時間が設定されていたりする

パームハウスの名前通り、19メートルの天井に届かんばかりのヤシの木を始めとして熱帯植物が展示されている。

DSC01179

DSC01045

DSC01223

DSC01195

なんだか縦位置の写真が多いのはなぜだろう。

建物内には高さ9メートルのスカイウォークも張り巡らされており、植物を上から下から間近に見ることができる。

DSC01173

DSC01147

DSC01042

DSC01051

DSC01137

室内の湿度は75%。レンズもメガネもめちゃくちゃ曇る。温度もガスボイラーによって18 ~ 28℃に保たれているので頑張って写真を撮っているとけっこう暑い。時折スプリンクラーから水も放出されて結構びちょびちょになってしまった。

DSC01083

DSC01228

DSC01188

DSC01199

テンパレートハウス

5年に渡る改修を終えて2018年に再オープンしたばかりのテンパレートハウス。世界中の絶滅危惧種や希少種が保護されている。パームハウスが曲線的な造形なら、こちらの建物は直線的。現存する中では世界最大のビクトリア時代の温室で、イギリスの最重要建造物(Grade I)にも指定されている。

DSC01508

DSC01289

こちらも螺旋階段からスカイウォークに上がることができる。

DSC01310

DSC01429

DSC01415

DSC01382

DSC01350

庭園

上で紹介したパームハウスとテンパレートハウス以外にも庭園内は非常に広く、時間的に全てまわることができなかった。

軽く散歩をして帰る。

DSC01467
↑クリスマスの飾り付けの工事中。

DSC01261

DSC01441

中国風のパゴダ (仏塔)。

最後に

ロンドン市内からのアクセスもいいし、半日余裕があれば是非行ってみてほしい。ロンドン中心の喧騒とはまた違った雰囲気が感じられる。

DSC01524

Royal Botanic Gardens, Kew

Richmond TW9 3AB, United Kingdom

10am – 4.15pm (last entry 3.15pm) ※時期によって変動。11月20日から最も短くなるようです。

https://www.kew.org/

今回の写真は、

で撮りました。