ドイツ・デュッセルドルフに住むリアル家賃。東京の賃貸よりは安い・・・かも。

Dusseldorf street

日本人も住みやすいドイツ・デュッセルドルフ。一人暮らしをはじめて2年半も経ち、最近引っ越しを考え始めたり、家賃について聞かれることも増えてきたので、これからデュッセルドルフで部屋を探す人のために体験談を書いてみた。

僕のマンションの家賃

今僕の住んでいるマンションというかアパートでは、575.00EURを家賃として毎月オーナーに送金してる。

家賃の内訳

  • 家賃(Kaltmiete): 490.00EUR
  • 諸費用(Nebenkosten): 85.00EUR
  • ※別で電気代45.00EURも電力会社に直接支払い

書いてみると結構固定費払ってるんだなぁという感じ。
今の日本円レート(1EUR = 119.65円)だと、約69,000円。まぁ悪くない。

今住んでいる家の詳細

  • 部屋の広さ: 35平米ワンルーム+キッチン
  • 階数: ドイツ式3F(= 日本式の4F)
  • 設備: ユニットバス(バスタブ有)、バルコニー、地下室、エレベーター
  • エリア: ニーダーカッセル。トラム最寄り駅まで徒歩5分。デュッセルドルフ中央駅(hbf)までDoor to Doorで20分弱といったところ

他と比較しても設備は充実してると思う。
ドイツは地下室が住人に割り当てられてるのが普通で、部屋が狭くても収納はどうにかなる。あとは一面が全面窓なのが気に入ってる。

このニーダーカッセルという地域はデュッセルドルフの中心地から川を挟んで反対側なんだけど、日系企業やHuaweiの駐在の方がよく住んでいたりして治安がすこぶるいい。スーパーの数も包囲されてるレベルで多いので買い物も不便しない。

ドイツの家賃システム

ドイツも日本と同じく、家賃に加えて諸経費がけっこうかかる。
ドイツの家賃のみはKaltmieteという表記になり、それプラス諸費用(Nebenkosten = 水道代や暖房費。ヒーター備え付けの家がほとんど)や電気代を支払う必要がある。
これらは実費請求ではなく毎月固定費を支払うのが特徴的。そのためあまり暖房を使わなかった年は余った費用が返ってくるので、これがボーナス的にちょっと嬉しい。

契約時に払った家賃以外のお金

ドイツに礼金はないが敷金はある。自分の場合は家賃3ヶ月分を支払ったので結構な出費だった。ただ厳密にいうと敷金ではなくデポジット(Kaution)という形なので、退去時にオーナーは借主に全額返金しなければいけないらしいが、この辺はグレーらしい。周りに聞いてもみんな歯切れの悪い回答。なので部屋は綺麗にしておくに越したことはない。

また自分の場合は不動産会社を使ったので、手数料として800.00EURかかった。自分で探したり人づてで契約した場合はもちろん不要。

デュッセルの家賃相場

デュッセルで30~40平米の綺麗な部屋を借りようとすると、多分400~500€くらいの部屋が多いと思う。周りの知人の話をまとめてみた。

周りの知人の例

知人A

  • 家賃: 490€(Kaltmiete) + 50€(Nebenkosten)
  • 40平米ワンルーム
  • 中央駅まで2~3km。割と雰囲気が良い地域

知人B

  • 家賃: 410€(Kaltmiete) + 165EUR(Nebenkosten)
  • 43平米(2部屋)
  • 中央駅まで徒歩5分。日本人通りの近く

知人C

  • 家賃295€(Kaltmiete) + 100€(Nebenkosten)
  • 23平米
  • 中央駅まで4~5km。少し中心地には遠め

デュッセルドルフ以外の街の家賃相場

デュッセルドルフの家賃はそこそこ高いと思っていたけど、ミュンヘンはもっと高いらしいし、ベルリンも近年家賃の高騰が激しく、今はデュッセルドルフと同じくらいになってしまったと聞く。ベルリン市は今年2019年6月「これから5年は賃貸の家賃を上げちゃいけないよ」という法律を施行したり、大きい街はどこもこんな感じなのかも。

また、デュッセルドルフの近辺にはベンラートやノイスといった比較的アクセスのいい街もあるので、別に中心地近くで探さなくてもいいのかなと思う。

結論

東京とデュッセルドルフは比較できないほど街としての大きさが違うとはいえ、山手線内で同じ広さの部屋を借りると考えると、デュッセルドルフの家賃のほうが安いと思うのだけど、どうだろうか。

ただ東京のように、6~7畳ワンルームの手頃な一人暮らしの部屋はなかなかない気がするなぁ。
お金を抑えたい場合はWG(ルームシェア)に住むことも選択肢の一つ。ドイツではメジャーだし。

お部屋探しは下記の記事も参考にしてください。
ドイツ・デュッセルドルフでの賃貸探し、無事見つかる。

Written by Ryo Konishi